プロペシアやザガーロなどの薬を使用したAGA治療が話題

男性

脱毛の原因を把握する

医者

AGA治療を行なっている病院を利用することで、効果的な育毛治療を受けることができます。脱毛の原因には生活習慣の乱れも関係していることから、生活習慣を改善することで、更なる効果が期待できるのです。

もっと見る

それぞれ効果が違う

錠剤

近頃では、育毛サプリメントや頭皮ケアシャンプーなど、様々な育毛グッズが販売されています。それぞれのメリットを把握することで、より効果的な育毛対策を行なうことができるでしょう。

もっと見る

長期的な治療が求められる

男性

福岡県ではAGA治療を行なっている医院が多数あります。 長期的に継続する必要があるAGA治療は、信頼ができるクリニックを選択することで、負担なく治療を進めることができます。

もっと見る

存分な効果が期待できる

髪の毛

大阪のAGA治療を行なっているクリニックでは、投薬治療を採用するクリニックが増えてきました。AGAの主な原因として、男性ホルモンと5αリダクターゼが融合することで発生するジヒドロテストステロンと、毛乳頭細胞のアンドロゲンレセプターが結合しTGF-βになることで脱毛を起こしてしまいます。AGA治療で使われる治療薬では、5αリダクターゼの働きを阻止することで、脱毛の進行を抑えることが期待されています。AGA治療で使用される治療薬は大きく分けて2種類あり、一般的に使われているプロペシアは、日本で初めて認可を受けたAGA治療薬として有名です。現在ではジェネリック医薬品としても取り扱いがあるため、大阪でも安く手に入れることができるメリットがあります。飲み薬であるプロペシアは、服用回数も1日に1回と少ないことから、手軽に使用できる治療薬としても好評です。プロペシアを服用することで勃起不全や性欲減退などの、副作用の発症も報告されていますが、発症率が5%以下と低いことから安心して服用することができます。2015年に認可を受けた新薬ザガーロは、プロペシアでは効果が得られなかった、5αリダクターゼの1型にも効果が確認されていることから、更に効果的なAGA治療を進めることができるのです。また即効性が期待されているザガーロは、服用から半年ほどの期間で効果が見られるとされているため、今後ザガーロを取り扱うクリニックも増えることが予想されます。認可されたばかりのザガーロは、クリニックによっては取り扱いをしていない場合もあるため、服用を検討される際は、大阪のクリニックにカウンセリングを行なう必要があるのです。大阪の個人輸入業者を利用することで、ザガーロを取り寄せることもできますが、年齢や体質によって服用ができないザガーロの使用は、医師の指示の元で行なうことが望まれます。